Skip to Main Content
ヘルスケア
近年の急速なインターネットの普及と発展は、科学の研究成果の発表や情報交換の速度を加速し、新たな限界への挑戦をどんどん可能にしています。ヘルスケア分野の科学的知見の広がりに伴い、これまでの製薬、バイオテクノロジー、メディカル・テクノロジーの境界線がますます曖昧になってきています。このため企業もこの進化に合わせ、新たな市場を開拓することが要求されています。日本では4人に1人が65歳以上となる時代を迎え、高齢化が足早に進み、医療費の増加も続いています。国の健康保険の負担増や保険点数の引下げ、研究費等の増加など、企業には事業の効率性を強いられる状況も多々生じていますが、一方でヘルスケア・ビジネスは、高い成長性を見込まれています。こうした状況の下でビジネスを成功に導くには、リーダーの発掘と育成がかつて以上に求められています。

日本のヘルスケア・プラクティスは、この業界でのグローバルな視点とローカルにおけるニーズの双方を十分に理解しており、現在企業が直面している様々な問題や好機をもよく認識しています。

コンサルタントは業界に対する見識、知識、経験に基づき、豊富な人脈をフルに活用してサーチに取り組みます。必要に応じて世界中のコンサルタントと協力しながら、総合的な観点からアプローチを行い、最適かつ優秀な候補者を探し、質の高い効率的なサービスを提供します。