Skip to Main Content
組織カルチャー

カルチャー・アライメント・フレームワーク - 戦略と組織カルチャーとの適合度を捉える独自のツール

組織のカルチャーは、事業戦略の実現を後押しすることもあれば、時に阻むこともあります。私たちは、カルチャーが戦略と適合しているかどうかの評価、目指すカルチャーの設定、エグゼクティブとカルチャーのフィット感、適応の可能性などの判断をお手伝いします。

スペンサースチュアートのカルチャー・アセスメントのフレームワークは、組織と個人を、組織のダイナミクス上、対人・対変化の2軸で整理します。

  • 人に対する姿勢-独立志向か、チーム志向か
  • 変化に対する姿勢-柔軟性が高いか、安定志向か
 

この基本的な考え方を適用し、8つの主要な普遍的スタイルを規定しています。このモデルは、組織カルチャーと個人のスタイルを同じ枠組みでみるため、両者の適合性をみるうえで簡明で実践的なツールなのです。

“ There was incredible value in this engagement: it reinforced what the culture is and what it will continue to be; it helped the organization accept and rally around an outside CEO. ” Spencer Stuart Client