Skip to Main Content

リーダーシップ能力アセスメント

組織におけるリーダーの役割は、絶えず外部環境に目を配ってビジネスへの影響を予見し、経営陣と組織全体を動かして、長期的に成果を出すことです。そのためには、自らの職責、業種、地域に関わらず、リーダーシップ能力を発揮する必要があります。

スペンサースチュアートは、リーダーのパフォーマンスに決定的に重要な6つの能力を軸に、リーダーシップ能力を評価します。

戦略的思考力

成果を実現する力

変革を牽引する力

人・組織を牽引する力

協働する、影響を与える力

人・組織の能力を成長させる力

 

具体的には、それぞれの能力に関し、エグゼクティブを “成長の初期段階にある‘’ から ”業界内で変革を引き起こしている” に至るまで、客観的に段階評価をします。これによって、エグゼクティブどうしの比較や、役割に必要な能力水準と現状の比較が可能になります。これまでの行動実績を明らかにするインタビューを通じて、候補者がどの能力分野で強みを持ち、開発すべき能力は何なのかを明らかにします。